おぼろげブログ-어렴풋이-

おぼろげに-어렴풋이-ファンの活動ブログです

おぼろげにのカウリが人気の理由は?

Pocket

おぼろげには、韓国版コミコで連載中の
戦記・歴史ファンタジー系の無料WEB漫画です。
日本版のコミコでも2章の途中まで公開中!
おぼろげにの主人公カウリが人気の理由についてみていきましょう。

時鬼カウリが人気の理由とは?


おぼろげにのカウリが人気の理由は、
強い!クール!知的!・・・なのにたまに可愛い!
というモテ要素が詰まっているからではないでしょうか?
しかも、生前は将軍!
そりゃ、時鬼になっても強いですよね(*^^*)

カウリは一国の将軍だった!

 カウリが一国の将軍であったことは、
215話で明らかになります。
こちらのお話は、韓国版コミコおぼろげにでしか見ることができませんが、
213話から第216話ではカウリの戦闘シーンも、存分に楽しむことができます。

この第213話は、 狩人の戌を自分の身体に憑依させたアゲハは、
戌が暴れないように封印の間に幽閉されているところから始まります。
しかし、この封印をとある人物が解いてしまい、
居合わせたカウリが戌の暴走を止めようと 戦いになります!
激しい攻防の中、戌の卑怯な手で深手を負ってしまうカウリ
その際に感じた痛みが、 カウリの古い記憶を刺激して、
おぼろげに人間だったころの記憶が よみがえってきました。

おぼろげによみがえる、生前の記憶

「馬に乗って長剣を振う長い腕が、あたかも脚のようにみえる」
「馬を走らせるとその脚の数が8本に見える」

まるで蜘蛛のような姿にみえることから、
蜘蛛将軍と当時は呼ばれていた・・・と。
しかしこれか呼称であり、
本当の名前は・・・・ 「カホン」
蜘蛛将軍「カホン」
 
 こうして、カウリの生前の呼称と名前があきらかになったのでした。
私も日本版コミコでの連載が終了した後、
この韓国版コミコを除いてみたのですが、
こちらのサムネイル画像に惹かれて韓国版を読むことを決意しました。

3章ではカウリの過去編が始まっている

2章で明らかになったカウリの生前の呼称と名前。
蜘蛛将軍と呼ばれたカウリは一体どんな人物だったのか、
とても気になりませんか?
気になった方はぜひ第3章を読んでみてください。
将軍になる前の幼いカホンの姿や、一生懸命に鍛錬に励むカホンの姿、
そして将軍となり強くなったカホンの姿を見ることができます!
また、どうしてカホンが時鬼カウリになったのか・・・。
壮絶で哀しい過去まで明らかになっています。
Twitterに集うおぼろげにファンたちも、
あまりにも悲しい過去に絶句してしまいツイートが激減。
一体なにがあったのか・・・・・・。
ぜひご自身の目で韓国版おぼろげにを見て確かめて下さい!

 

最終的にカウリはどうなってしまうのか?

生前の記憶が徐々に蘇っているカウリ
3章では、自分が時鬼になった経緯まで鮮明に思い出してしまいます。
記憶がないころのクールで高貴なカウリはもう見れないのか?
悲しい過去に悲観して今までのかっこいいカウリがいなくなるの?
様々な憶測がTwitterに集うファンたちの間でも飛び交いました。
最終的にカウリはどうなってしまうのか・・・ 今後の物語に期待ですね。
現在、韓国版コミコの連載はふぃるる先生がお休みに入っているので、
11月末頃までとまっています。今のうちに最新話まで追いつきましょう!

 
 

サービス精神旺盛な 韓国版コミコ。


韓国版コミコは、とてもサービス精神旺盛です。
頻繁にレンタル券が配布されます。
1012日現在では、レンタル券5枚配布されており、
大変お得です!今が最新話に追いつくチャンスですよ!
 
 

読みたいけど、も韓国版は難しくて諦めている方へ。

読みたいけど、韓国語はさすがに読めないと諦めている方!
今、ファンの方が韓国語翻訳したものを、
ホームページにアップして公開して下さっています。
(こちらもふぃるる先生公認サイトです)
おぼろげにファンサイトのトップページに
リンクを貼っています。

韓国版コミコの登録方法はコチラ


また、こちらのおぼろげにファンサイトでは、
韓国版コミコの会員登録方法も紹介しています。
(現在はパソコンからの会員登録方法を公開しています。)
だまされたと思って、韓国版を読んでみてください!
日本版コミコおぼろげにが好きだった方は絶対にまた楽しく読めますよ。
ちなみに、おぼろげに日本版コミコでは、
28話で連載が止まっていますが、
日本版コミコの完結枠でまだ読むことができます。
一度こちらで物語の復習をして、韓国版コミコに挑戦してみましょう!
おぼろげには、日本版で止まっている第28話以降から
一気に物語が動き、 とてもおもろしろくなりますよ^^
読み方に不明点があれば、
Twitter等でお気軽にご質問くださいませー!

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2018 おぼろげブログ-어렴풋이-

テーマの著者 Anders Norén